10月の風水ガーデニング講座のご案内

んにちは。風水ガーデニングの夏音紅花です。

 昨日はノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別名誉教授の話しで持ちきりでしたね。

 故郷の山梨県韮崎市に私財を投じて温泉施設や、美術館を作っておられます。

その大村教授が「科学より人々の心を良くするのは芸術だ」とニュースでやっておりました。

(正確な言い回しではないかもしれません)



私が提案している風水ガーデニングは、主に寄せ植えと庭作りを目的としています。




特に、寄せ植えやハンギングバスケットは芸術の域に入ります.

d0159033_19521772.jpg

ハンギングバスケットは小さな器材に、沢山の草花を入れ立体的に壁を飾るものですが、これまた高い技術と芸術性が要求されますこれより、ずっと簡単で初心者でも作れるのが寄せ植えです。

d0159033_19555240.jpg




この寄せ植えも、草花の組み合わせによりステキさが全く違ってきます

花選びをする際にご自身の感性を使うため、出来上がりにとても充実感があります。

絵心のない方も、この寄せ植えですと立派な芸術作品が作れるのです。

 

そして、植物からの癒しのエネルギーを頂けるので、ますますご自身がパワーアップします。

  

プラス、風水理論を使っているのでお家の気がアップします。

  

植物が管理されている住宅街は、資産価値が高いということをご存知ですか?

 

大手住宅メーカーは、こぞって住宅開発に植栽計画を入れています。

 

けれど緑は管理をしないといけませんから費用と手間がかかります。

  

管理ができる=金銭的余裕がある。住民の意識が高い。

 

このような図式になります。

 

 そして、緑の管理をするときに、近隣の方たちと交流ができます。

  

草花・樹木に関する話題が主ですから、個人的なこと抜きでお話しできます。

そんなことから、地域の共同体ができたりします。

プライベートスペースの確保や防犯にも良い働きをします。

 

悪い風水は樹木で凶作用を和らげることができますし、方位には対応する「色」があります。

 

 

色は固有のエネルギーを持っており、花は自然の色の代表ですからエネルギーのパワーが違うと思います。

 

風水とガーデニングは切っても切れない関係にあるのです。

 

10月の風水ガーデニングは

 「ハロウイーンを意識したアースカラーの寄せ植え」と土の五行について学びます。

 1017日(土) 13時半~  河野自然園 農園にて

 お申し込みはこちらから


[PR]
by kn-farm | 2015-10-07 11:01 | ガーデニング講座 | Comments(0)

講習レポ、入荷商品、ハンギングバスケット、多肉植物、お庭作り、お知らせなど、河野自然園の日々をスタッフがお伝えします!


by kn-farm